医療法人 新田整形外科

AGA治療

AGAとは?

AGAとは「Androgenetic Alopecia」を略したもので、
「男性型脱毛症」のことを言います。
生え際の後退により特徴的なM字や頭頂部の毛髪は細くなり、
薄毛や禿髪となります。

日本では薄毛に悩む人が1000万人以上いるといわれています。
AGAの発症年齢や進行の程度には個人差があります。
早い人では、10代で症状が現れるケースもあります。
このAGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から
起こると考えられています。

原因と治療

原因

AGAを発症する最も大きな要因は男性ホルモンの作用だといわれています。
その他にも様々な原因が考えられます。
何らかの原因でバランスが崩れるとヘアサイクルは速くなり、成長期の
期間が短く毛髪が太く成長し硬毛になる前に抜けてしまうため、徐々に
ボリュームが減ってしまいます。
このヘアサイクルの乱れにはさまざまな原因が考えられ、
薄毛・抜け毛で悩む男性一人ひとり異なります。

治療

一人ひとり脱毛原因が違うため、医師の診断のもと、最適なAGA発毛治療を
行うことが最短期間で発毛させる近道です。
早いうちに治療を開始することをお勧めします。

また、自分自身でも発毛対策はできます。
・ストレスを溜め込まず、発散させる
・バランスの摂れた食事
・頭皮をきれいに保つこと
etc・・・
詳しくは、当院にお越しください。

プロペシア(AGA治療薬)

プロペシア(AGA治療薬)

有効成分の名称: フィナステリド
添加物: セルロース、乳糖、部分アルファー化デンプン、カルボキシ
メチルスターチNa、ジオクチルゾジウムスルホサクシネート、
ステアリン酸Mg、ヒドロキシプロメチルセルロース、ヒドロキ
シプロピルセルロース、酸化チタン、タルク、三二酸化鉄、
カルナウバロウ

プロペシア(AGA治療薬)

効能・効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延 抜け毛が減ったかどうかが効果の目安となり、その判定には6ヵ月の服用が目安です。

-効能・効果における使用上の注意-

  • 1.男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。
  • 2.20歳未満での安全性及び有効性は確立されていない。
  • 3.女性に対する適応はない。

AGA

用法・用量

男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与する。 なお、必要に応じて適宜増量できるが、1日1mgを上限とする。

-用法・用量に関する使用上の注意-

3ヵ月の連日投与により効果が発現する場合もあるが、効果が確認できるまで通常6ヵ月の連日投与が必要である。 また、効果を持続させるためには継続的に服用すること。 なお、増量による効果の増強は、確認されていない。 本剤を6ヵ月以上投与しても男性型脱毛症の進行遅延がみられない場合には投薬を中止すること。 また、6ヵ月以上投与する場合であっても定期的に効果を確認し、継続投与の必要性について検討することが必要です。

ページのトップへ


患者様へ

モバイルサイト

QRコード

http://www.or-nitta.com/i/

2次元コード読取り未対応機種 の方は、携帯用アドレスをメールで転送してください。
→メールで転送